プロフィール

Setsuko*

Author:Setsuko*
転勤族の夫、10歳の娘、6歳の息子と在外から沖縄にやって来て三年。

「私の人生これからどうするの?」と思いながらも、「せっかくの期間限定沖縄生活!満喫するっきゃない♪」と、開き直った沖縄ライフ♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ニワトリおいしいよ~!」

今日はは朝から沖縄で最後になるに!
で残り三名「ネコのわくわく自然教室」に参加
いつもはだけの参加ですが、今日はスペシャルプログラムで家族単位での実施プログラム


それは「チキンカレーとナゲット作り」だったのですが、ただのお料理教室じゃありませんよ


P2240001.jpg



↑ということで最初にスタッフから「じゃー、今日の手順の①~④を当てましょう!」と。


そうなんですよ!
今日のテーマは「いのちを食べる!

自分達で・・・
①生きているを絞める
②血抜き
③羽を毟る
④肉をさばく


は居ないので、の三人でやるしかないんですよね

P2240005.jpg

↑美味しそうな自分たちのをゲット。

(ここからは少しリアルなので気分のすぐれない方はパスしてくださいね)

P2240011.jpg

↑このように足をしっかり持って、首を
(足を持つ人、胴体を押さえる人、首切りの担当分担)
最後の抵抗で暴れるの生暖かい返り血を浴びて、なんとか終了したら、、、、

P2240033.jpg

↑5分ほど血抜き

P2240040.jpg

↑10秒ほど湯に漬けると毛が毟りやすくなるらしい・・

P2240047.jpg

↑一生懸命毛を毟ってま~す。結構大変な作業。羽は一本ずつ抜きました。

P2240054.jpg

↑ここまできたら見慣れた「食肉」というイメージ
ここから肉を捌くのが大変。ほとんど肉体労働状態・・・
とさか、胸肉、手羽など順番に取り分けていきます。。

P2240068.jpg

↑まだ固くなっていない玉子の殻を優しく割ってみると、「玉子」が出てきたよ~

なんとか可食可能部分を取り分けて、足の骨の周りなどは一口大に切ってミンチに!

P2240072.jpg

↑ミンチ状の肉は、ビニール袋に小分けして、塩・ナツメグ・小麦粉を加えてよく混ぜて、ナゲット状にしてから揚げ!

こうして・・・・・

P2240083.jpg

↑「チキンカレーとカレーナゲット」のできあがり
自分たちでの命に感謝しながら頂いたお昼ごはんは、スペシャルだったかな

鶏冠のから揚げも頂いたのですが、これがのつまみに最高

その後、土手をみんなで滑り台かわり遊んだり走り回ったりみんなで大はしゃぎ
(こんな得意技あっても今後の人生役に立つかどうかわかりませんが)、「食べ物を残さない」といつも話しているのも、身をもって経験した今日は「究極の食育プログラム」かな?

沖縄で最後となる結果、自己ベスト(3時間17分)。家族それぞれ貴重な体験の一日でした。。






スポンサーサイト

タグ : 自然教室、食育、

<< 和風食材で!! | ホーム | ビックリの再会! >>


コメント

とても残酷な様に思っちゃいそうだけど、私達は他の動物や植物の命を頂いて生きてるってことを学んで感謝しながら食べるって良い事だよね。それに処理したての新鮮なお肉はとってもおいしそうね!

究極の食育ですね!
「命」をいただいているって実体験がないとなかなか
リアルに伝わらない現代。
子供達はすごくいい体験しましたね。
とどめをさしたのはやっぱりせっちゃん??

すごい!なかなか子供向けにそんなチャンス無いよね。
「いただきます」って命を頂くって事よね~。

私は1週間の船旅中、肉は全部チキンでした。
理由は、冷蔵庫がいらないからv-17

これは、大人にも必要な体験かもしれないですね。
昔はは田舎の方とかとくに、いろいろな生き物の、生きている状態から食卓への過程を見てたけど
今はそんな経験がないから、
「命」を食べてるって実感がないもの。
今の子供たちにとって
スーパーでお肉や魚の切り身が当たり前だもんね。

いい経験出来てよかったね♪
たまごがこんな風になってるって初めて知ったよ!

草を拾って調理していた時期に参加しましたが
ネコのプログラムもここまで進化してますか!!
ほんとなかなかできない体験ですね~

すごい!

私もこんなの見たこと無いわ。
ちょっと残酷な気もするけど、その分鶏に感謝して残さず食べるっていう学習になるよね。

昔は那覇の公設市場でも・・鳥丸ごとさばいてて・・
タマゴやら・・・よく覚えてますよ・・・。今は・・みかけませんね・・。でもこんな体験したらよけいに命の大切さをわかることできますね。・・・きっと。

>あいちゃん

v-205は最初は目に涙を浮かべながらv-409の作業でしたが、でしたが、後半は積極的にかかわり、カレーも「美味しいv-345」とおかわりしていたよ!

>きいちゃん

何でも挑戦したがりのv-206が「私がやる!」と。でも力が足りなかったので、結局私が。
v-205は腰が抜けそうになってました。。。

>おうじままさん

なるほど!v-108はチキンなのね!
実は我が家のv-206v-205はヤンゴン時代に住んでいたv-258の隣が市場だったので、毎朝v-532を絞めているのを見ていたんだけどね。。。

>ya-madaさん

日本に帰ってきてビックリしたことの一つは「給食を残してもよいこと」でした。我が家は「食べ物は残すな!」という方針なので、当時2年生だけど幼稚園児の体格だったv-206は小食だったので「完食できる量だけ配膳可能か?」担任の先生に打診したら、そんな意見は初めてだったらしくビックリされたのがビックリでした。
そう言えば姪っ子達も公設市場で「切り身」じゃない状態のv-16を見て、ショック受けてました。

>ららこちゃん

来年、機会があったらぜひ家族四人で参加してみてねv-218

>a-miさん

当時学生だったY兄も、今は「仕事」として取り組んでいるので、他の委託事業も任されたり忙しそうですよ。

>ゆかりん

もっとリアルなv-212はたくさんあるんだけど、さすがにブログに掲載するのは控えました。
内臓脂肪がたくさんあるv-532もいたよ!

>いんみ~さん

自分らで体験」という貴重な機会の一日でした。
まぁ一生に一度で十分ですがね。。。

ああ、これはなんとすばらしい体験!
さすがネコだわ!

>ちずちゃん

v-206v-205と三人で一羽だから、久しぶりに気合入れて仕事したよ!
東京でこんなプログラムがあったとしても「朝7時に新宿西口集合、バスで八ヶ岳に移動、スタッフがv-5321羽を絞めて、子供らは見学・・・」という流れかもね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。