プロフィール

Setsuko*

Author:Setsuko*
転勤族の夫、10歳の娘、6歳の息子と在外から沖縄にやって来て三年。

「私の人生これからどうするの?」と思いながらも、「せっかくの期間限定沖縄生活!満喫するっきゃない♪」と、開き直った沖縄ライフ♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の動向が......

ここ数日、新聞やテレビでミャンマーのデモのことがとりあげられています。先日のガソリンの突然の高騰が直接の原因のよう
アメリカもとうとう経済制裁を決めたようですね!


DSCF0014.jpg


今回は、これまで政治介入してこなかった僧たちが軍事政権反対デモに加わったことで、日増しに規模が拡大してきちゃいました。


DSCF0079.jpg

↑ミャンマー国は135を超える多民族国家。
タイのチェンマイの北部の山岳民族として一般的に知られているパダウン(首長)族も、実はミャンマーの少数民族の一つ。
どの民族もそれぞれ言語、衣食住をはじめ独自の文化を持っているのですが、現在は御存知のように軍事政権下。

言論の自由が当たり前である日本に帰ってくると平和ぼけしてしまいますが、この間まで生活していた町並みやいつも通っていた道路があのような映像で映し出されると、何とも言えず心苦しいです。


DSCF0020.jpg


「微笑みの国」と呼ばれているあの国の国民にとって、今後より良い方向に発展していくことを祈るばかりです。
スポンサーサイト

<< トリイビーチ | ホーム | 左右逆にご注意! >>


コメント

ホントに! 犠牲者が出ない(無理?)ことをひたすら祈ってます(><)

ミャンマーに

滞在していたから、地元の方たちと同じで本当に心配ですよね。
平和ボケの日本も問題ですが、軍事政権の中のミャンマーも異常ですよね。
いつになったら人々が安心して暮らせる日が来るのでしょうか。

まったくだ!

「普通の人が、平和に暮らせる世界」は、
ぼんやり待っていても出来ないよね。
平和、幸せ、健康。
自分たちの力で造り続けるものだものね。

リーダーの力はもちろんのこと、
ひとりひとりの「意識」こそが、世界を変えると信じて、今日もゼミします。

>まどっちさん
武力行使にならずに、平和な解決するように祈るばかりですよね!

>alexnomamaさん
「みんなどうしてるのかな?」って心配してます。安心して暮らせる世の中になってほしいものですよね。

>ねずちゃん
ミャンマーだけでなく世界中で「普通の人が平和に暮らせるように!」自分達ができることを少しずつやっていかなくっちゃね!
ということで、私は例のもの、まとめなければv-355




なにもできず

テレビのニュースを見て、どうにかならないものか
どうにかできないものか、そして自分は何ができるかと考えて
でも、何もできないことが また なんとも言えない気分でした。
その時に「ホテル・ルワンダ」の例のセリフが思い出されます。
内戦にならない方法ってないんでしょうかね。
Setsukoさんのご近所のみなさんは お友達はどうされているのでしょうね。

>みさえさん
とうとう軍政が実力行使してしまいました。
先ほどTV見ていたら、在ミャンマーの知り合いがインタビューに答えてコメントをしてました。
本当に、今後の動向が気になるばかりです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。