プロフィール

Setsuko*

Author:Setsuko*
転勤族の夫、10歳の娘、6歳の息子と在外から沖縄にやって来て三年。

「私の人生これからどうするの?」と思いながらも、「せっかくの期間限定沖縄生活!満喫するっきゃない♪」と、開き直った沖縄ライフ♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外な発見!

沖縄と言ったら「首里城!」ということで、今日も定番の観光で~す。
からすぐ近く!
年間パスポートを持っているので、にとっては最寄の公園に遊びに行く感覚!
母にとっては初めてなのでとってもワクワクしているようで、返ってそれが新鮮!




↑芸大前のシーサー
P3290083.jpg

↑今日も首里城のガイドは
先ずは、首里城の正門の「歓会門」。いつものごとく素通りしようと思ったら....
な・ん・と!
「おばあちゃん、ここのシーサー達普通のシーサーと何が違うでしょうか?」と。
「えっ!どこが違うの?他のシーサーと一緒じゃん!」と思いきや....


P3290028.jpg

P3290029.jpg

↑皆さん、気づきましたか?
ここは「両方とも口が開いた状態!」
シーサーは普通左右ペアで、口が開いているもの(雄)、口が閉じているもの(メス)なのですが.....

門番の方に尋ねてみたら「ここのは例外!」ですって。
でも、よーく見てみたら片方は牙があるので、そちらが雄だろうとのことでした。


P3290038.jpg

↑「はい!石の形をよーく観察してみて下さい!」と。
よーく見たら、四角形と思い込んでいたのですが、四角の一角が凹んだ状態なんですね


P3290062.jpg

↑他にも...正殿の陳列物を見ていてこんな刻印が!
で、よーく印字されたものを見てみたら.....


P3290061.jpg

↑なんと、ミャンマー文字のような○○した文字が!


P3290070.jpg

↑そして、トイレの蛇口もなんとドラゴンが!
いつも無意識な光景の中にも、色んな発見があるもんなんですね!


P3290048.jpg

↑実は子供らがここに来る一番の目的は、スタンプラリー!
「また来ようね~!」とのこと。
年間パスポートの小学生料金は600円、これだけいつも満喫すれば十分かも!


その後は、ご近所でランチを食べて、
「まんまるちんすこう」で大量のお土産を買い、「琉染」でサンゴ染めを見学し、南風原のジ○○コでまたお土産を物色!
ご近所・親戚へのお土産ノルマを一応全部ゲットしたので、明日からは自分のお土産を買いに行くとかで、国際通り案内!
まだまだ観光ガイドは続きます...



スポンサーサイト

<< Only One?!(国際通り編) | ホーム | ご近所でランチ!富久屋 >>


コメント

年間パスポート持ってるんですね(^^)。
うちも旅行で来た際、子はスタンプラリーに夢中になり親はへろへろになりました(^^;)。
例外のシーサー発見も面白いですね。
まだ他のところにもありそ~う!

ニアミス

私も昨日と一昨日琉染に行きましたよ。いつも見学までしないんだけど、昔紅型を習っていたので、見たらやりたくなっちゃうかも…。
ここのところ、何かしらかぶってますね♪

琉染

我が家も昨日から母が来沖してます。
でも、今回はほぼ毎日娘のバレエのレッスンが入っているので、あまり観光はできそうになく…
月曜日に首里教室で2時間レッスンがあるので、その間、母と2人で”琉染”に行こうと思っていたらタイムリーな話題。嬉しいな♪
サンゴ染め体験しようかと思っているんだけど、どうかなぁ。やってみる価値ある?それとも、見学だけでも十分?
教えて下さ~い。

>おじゃるママさん
やっぱり!子供らって何でスタンプラリー好きなんだろうね?
(別に何か景品もらえるわけでもないのに....)

>AYAKOさん
えっ!琉染にも行ってたの?
ほんまにこれだけニアミス続きで、実際に会わないのが不思議なくらいね(笑)

>楓ママさん
v-206の学校では5年生で授業でサンゴ染め体験をやると知っているので、やってません(苦笑)
私の母は、今度来たら挑戦したいと言っていたんで、やってみると楽しいと思いますよ!
(サンゴ染め体験だけでなく、琉染の建物も情緒あふれるので密かにカルチャーでやってもいいかもと思ってます)
お店のHP見れば、色々サンプルがあったような...





コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。