プロフィール

Setsuko*

Author:Setsuko*
転勤族の夫、10歳の娘、6歳の息子と在外から沖縄にやって来て三年。

「私の人生これからどうするの?」と思いながらも、「せっかくの期間限定沖縄生活!満喫するっきゃない♪」と、開き直った沖縄ライフ♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空手二回目!

今日は金曜日~。
そうです!あれから一週間ぶりの空手Day♪
朝から張り切っているに対し、その前にあるスイミングスクールのことでいっぱいいっぱいの

とにかく、また参加してきました。 今日のメンバーはと言えば、、
講師の先生(日本人男性)
、私、アジアの男性、白人の男性、空手の胴衣をまとったアジア系女性、それにアフリカ男性。

なので、先生は「英語」で説明!そして日本語で私たちにフォロー。
微妙なニュアンスは、やっぱり母国語ってわかりやすい!

実は、白人の男性とアフリカの男性は今日が空手レッスン初めて。
なので、講師の先生から「皆さんに、空手の型を披露しましょう」と。

先生自らデモンストレーションかと思いきや、最初に指名されたのが胴衣姿の日本人女性!
いやー、格闘技に興味を持ってから、目の前で披露される型は息を呑むほどカッコいい!

講師の先生は、違う型だったが、時々オフィスで仕事をご一緒する時の彼とは全く違うキレのある一連の動きに、「武道家」の顔という一面を見た。

すると、今度は白人の男性が「ボクはテコンドウをやっていたので、披露する!」と。
目の前で産まれて初めてテコンドウの型を見たが、180cm以上の長身からの鋭いキックや演舞の気迫は、そばに居た娘がビビってしまうほどだった。

アフリカの男性は「沖縄に滞在している間に空手をできるだけマスターしたい」と先生に相談して、近くに通える道場を紹介してもらうことになった。

なんか彼らの話を聞いていると、私も沖縄にせっかく住んでいるんだから「やっぱり空手続けたいなぁ」という思いが強くなってきた。
海外で生活していると「日本人だから日本の何か伝統文化を披露してくれない?」と言われる機会が多いが、自慢じゃないけどお茶・生花・着付け・日本舞踊など無縁な生活だったので、いつも「折り紙」や「あやとり」でごまかしていたが、空手の型が少しでも披露できたらカッコいいんだろうな!

はウォーミングアップだけ参加し、後は見学していた研修生に遊んでもらっていた。
まぁ、彼は空手の練習を横目で見学でもいいや!やりたくなったら、やればいいさ!
は「目指せ!エンジェルズ♪」

スポンサーサイト

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

<< タイ料理を食べに行ったら.... | ホーム | 日航グランドキャッスル >>


コメント

本格始動

とうとう腹を決めたv-362v-363

v-206が空手やってる姿はカッコイイかもv-219
彼女の目はすごく澄んでて大好きよv-363
子供ながら凛としててイケてる大人像が想像できるよぉ~
v-205はもぉ都会には行って欲しくない人材ですぅv-345


>まめちゃん

同じ親から生まれても、本当に子供らってキャラがこんなに違うのか!と思うよ。
知り合いのnさんは「v-205は40歳になっても、このままのキャラで居て欲しい。。。」だってv-399
彼は一応、東京生まれなんだけどなぁ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。