プロフィール

Setsuko*

Author:Setsuko*
転勤族の夫、10歳の娘、6歳の息子と在外から沖縄にやって来て三年。

「私の人生これからどうするの?」と思いながらも、「せっかくの期間限定沖縄生活!満喫するっきゃない♪」と、開き直った沖縄ライフ♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金持ちor普通o貧乏


(小学校の校長室に飾ってあるシーサー)

今日は「慰霊の日」ということで、沖縄では幼稚園・学校、市役所などの公的施設、地元の企業などは休み。
は三連休)

図書館に行こうと思いきや、図書館ももちろん休み...
ということで、のお友達二人が朝からやってきて、我が家で一緒に宿題をしてから遊ぶことに。 小4の女の子3名。
この3名というのは、遊ぶときにとっても微妙な人数。
いつの間にか「お金持ち・普通・貧乏ごっこ」が始まりました。
(こんな遊び、初耳なんだけど??)

最初に「じゃー、私、普通!」ってAさんが言ったら、
娘とBさんの間で長い沈黙が。
そしてBさんが「じゃー、私、貧乏でもいいよ!」
すると娘は「えっ、私、金持ちやってもいいの?」と。

私が気になるのは「金持ち」「普通」「貧乏」を彼女らはどのように定義しているのか?
普通「ねぇ、学校の帰りに遊ぼー」
貧乏「いいよー、家はお母さん仕事で居ないから、誰の家で遊ぶ?
金持ちちゃんの家でいい?」
金持ち「いいよー、おやつにケーキがあるかもしれないし!おいで~」
普通・貧乏「ヤッター、ケーキだって!」
....金持ち宅に到着し、を食べて遊ぼうと思ったら、
金持ち「あーっ、今日は5時からバレエの日だったから、もうすぐお着替えしなくちゃいけないんだ!」
普通・貧乏「そーっか、残念。じゃー、明日は?」
金持ち「ごめん、明日はピアノがあるから遊べないの」

それからも、役割を順番に回して延々とごっこ遊びは続き、最後の方の話題は夏休みの計画について。
貧乏「夏休みどうする?」
金持ち「でおじいちゃんの家に行って、みんなでディズニーランドに行くの」
普通・貧乏「いいなぁ。」
金持ち「じゃー、みんなは?」
普通「私は、やんばるのおばあちゃんのところに遊びに行ったり、いとこが帰ってきたら、みんなでホテルのプールに行く~♪」
貧乏「って、夏休みは高いし、貧乏だから家族四人分もチケット買えないから。きっと、またホテルにお泊りもできなくって、週末はシュノーケリングだわ」

皆さん、お気づきでしょうが、この貧乏を演じている女の子はわが娘です
「沖縄で、毎週末、この青い海を満喫できる環境で生活できることがどんなに贅沢なことなのか!」子供にはやっぱり理解できないようです。


スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

<< プール日和! | ホーム | ナハテラス(^^)V >>


コメント

すっごく面白かった

こんな「ごっこ遊び」があるのですね
Setuskoさんは息を潜めて話を聞いているのね・・・・。

貧乏なナナちゃんが一番贅沢なのにわからないのね。

>マーさん

未だに「ごっこ遊び」が大好きなv-206なのですが、、、
今回のごっこ遊びは初めてでしたv-237

そう言えば幼稚園時代も「おかあさんごっこ」してなかったですよ!
「おかあさん」は、いつも「大変!」っていうイメージが子供らには浸透していて、誰も役を引き受ける人がいないので。
なので、「おねえちゃんごっこ」とか「ペットごっこ」とかですって!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。