プロフィール

Setsuko*

Author:Setsuko*
転勤族の夫、10歳の娘、6歳の息子と在外から沖縄にやって来て三年。

「私の人生これからどうするの?」と思いながらも、「せっかくの期間限定沖縄生活!満喫するっきゃない♪」と、開き直った沖縄ライフ♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行きたかった、でも行けなかった.....

ウルルンhttp://mbs.jp/ururun/index2.htmlで紹介された。




(↑日本人や欧米人に人気の高いチンの織物) 今回の取材をコーディネイトしたのは、ブログもリンクさせてもらっているお友達の会社http://www.yangonow.com/jpn/

これまで東南アジアに行くと、活気のある首都だけではなく、バスや列車に乗りついで地方巡りをするのがとっても楽しみだった私。
なのに、3ヶ月の赤ん坊連れで赴任したミャンマーでは、家族で地方旅行をできる限りしたものの、まだまだ行きたかったけど行けなかった地域が多かった。

135の多民族が暮らしているミャンマー。
子供らがもう少し大きくなったら、また一緒に行けなかった場所に行ってみたいな~。
スポンサーサイト

テーマ : ミャンマー - ジャンル : 海外情報

<< 誕生日 | ホーム | 梅雨入り >>


コメント

きれいな布!

スリング作るのにこういうアジアの布探したんだよね~。
そもそもスリングの原型はタイの「モン族」って種族が使ってたものらしいしね。
本当にいい布はきっとすごく高いんだろうね。

Nちゃん、Jちゃん、小さい頃から異国文化に触れる機会ができて羨ましいよ。
そういった体験は、大人になってからきっといろんな意味で宝物だよね。
また、ミ国や他の国のお話いっぱい聞かせてちょーだい。


>はやさん

やっぱり~!
だって、向こうではみんな布に子供をくるんで両手開けていたような。
だから、日本に帰ってきて、流行っているし、それもお洒落で???だったもん。

アンティークの布は、本当に高いんだけど、基本的に現地物価だから、安かったよ~。
いっぱい買ったんだけど、結局、むこうでみんなにv-25してしまったのが後悔してるわ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。