プロフィール

Setsuko*

Author:Setsuko*
転勤族の夫、10歳の娘、6歳の息子と在外から沖縄にやって来て三年。

「私の人生これからどうするの?」と思いながらも、「せっかくの期間限定沖縄生活!満喫するっきゃない♪」と、開き直った沖縄ライフ♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身近なところに・・・



沖縄に来て、小・中・高で講義をしたが、今日は人間福祉学科の大学生が対象。

依頼内容は、ブータンでの体験談を通して「途上国での社会的弱者への支援の必要性は認識できるように」
当時のスライド(デジカメなんてなかった時代なんで、すみませ~ん)を見せながらだったが、海に囲まれた沖縄の学生にとって、ヒマラヤ山脈のふもとの小国の話はどう映るのか?と思っていたが、興味深く最後まで集中して聞いてくれていた。

すっかり頭の中がブータンになって戻ったら、から来沖中で来週帰国するというブータン人を紹介されて、また懐かしいブータン話で盛り上がった。
彼は地方出身だそうだが、当時私が所属していた首都の病院に診察を受けに来たことがあり、そこで白衣を着ていた日本人女性に検査してもらったと!
ビックリ!!1

雑談していて「私はブータンの辛い料理が恋しいんだけど、日本に来ていてブータン料理食べたくなったことないの?」って聞いたら
「そういう時は、友達のアパートに行って自分たちで作るんだよ。もう一人ブータン人が勉強しに沖縄に来ているんだけど、知らないの?」と。
「知らない!どこに居るの?」って聞いたら、、、、
「アートの大学で勉強している!」って。
「それって、首里城の近くの大学・?」って尋ねたら
「そうだよ。コンビニを入っていってすぐのアパートに住んでいる」って。

えーっ、それって我が家のすぐ近くで同じ町内会っていうことじゃないの。
聞けばそのブータン人は大学院に留学しているので、まだしばらく沖縄に残るだろうと。

ということは「ラッキーブータン料理が食べたくなったら、彼に作ってもらえばいいんだ!」

午前中の講義の疲れも一気に吹っ飛ぶ私にとってはラッキーなニュースでした!
スポンサーサイト

<< 紅型はぎれで! | ホーム | すくすく子育て >>


コメント

ブータン料理って・・・

肉とかは羊なのかしら?
それとも草食?

ジャガイモとかとうもろこしとか?
それはアンデスね(笑)

どんな味付けなのかしら
魚はないだろうし・・・。

Setsukoさんは講義をいっぱいしていらっしゃるのね
先生様なのね。

講義、お疲れ様でした!
大学生ともなると、自分で色々と将来のことも考えるし、国際協力の話は、基礎教養として重要だとワタシは思っています。
JICA講義は1回、何分で行うの?
ぶーたん料理は、とうがらし料理???
でも、海の沖縄だと山のブータンとは素材がすっかり違いそうだね。

>マーさん

そうそう、それはパラグアイですよ!

ブータン料理は、v-16の唐辛子とチーズ煮込みが代表的!
ヤク肉は年に一度さばくのですが、ご馳走です!

>ねずちゃん

大学の場合、一コマ90分だよ~。
今回は、職員がODA概要説明して、残りは私だった。
この私立大学は、元国連職員が今年度から入ったらしく、一般教養科目に「国際協力」が加わったそうです。

食文化ですが、沖縄でもお祝い行事にはv-16三枚肉(皮つき)を食べるので、ブータンと似ているかも?
でもピーマン大の辛い唐辛子はないけどね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。